”超”本気の自家焙煎コーヒー! 赤穂市「かふぇ・ど・くら」は最高のくつろぎ空間だった♪

赤穂市、かふぇ・ど・くら

 

今回は”赤穂浪士”の町、兵庫県赤穂市の加里屋にある「かふぇ・ど・くら」でモーニングをしてきました。

この「かふぇ・ど・くら」ですが、こだわりの自家焙煎コーヒーを楽しむことができるという噂を聞き、はるばるやってきたのです。

以前も「美食倶楽部」のランチで訪れたことがありますが、ゴミゴミしてなくて本当にいい町ですね ^ ^

 

「兵庫県なんて僕には関係ないよ〜」って思ったあなた!

もしかしたら将来、観光で赤穂市に行くかもしれませんよ〜。

コーヒーブレイクのつもりで読んでみてください♪

 

スポンサーリンク

 

まずは簡単に「羊カフェ」認定の話から

今回訪れた「かふぇ・ど・くら」さんは、2番目の「羊カフェ」に認定させて頂きました。

この「羊カフェ」ですが、アキラッチョが気に入ったカフェやレストランを(勝手に)「羊カフェ」と認定してしまう企画です。

独自の企画なので、他に誰もやってません(笑)

 

この名誉ある「羊カフェ」に認定されたお店には、2つの特典があります。

一つは必ずこのブログで紹介するという特典!

(許可もらってないけど大丈夫かな・・・!?)

そしてもう一つは記念品授与!!

 

この記念品ですが、紙粘土で作ったお手製の「羊」になります。

お店の人にだまーって、そーっと「羊」の置物を、お店の中に忍ばせて逃げ帰るのです。

もちろん、モーニングの代金はきちんと支払って帰ります ^ ^

これを僕は羊を放牧すると呼ぶようにいます。

 

※「記念すべき”羊カフェ”1号店」の詳しい話はこちらの記事へ→

 

赤穂市「かふぇ・ど・くら」の自家焙煎コーヒーは・・・本気だった!

忠臣蔵で有名な赤穂市ですが、「忠臣蔵」の大河ドラマ化をを目指して頑張っているみたいです。

 

今回訪問した「かふぇ・ど・くら」ですが、お店の名前の通り「倉」のような外観をしていました。

JR播州赤穂駅から徒歩12分、車で5分の場所にあって、駐車場もバッチリ完備していました。

 

赤穂市、かふぇ・ど・くら

 

お店の入り口には、綺麗な花が飾られていました。

こういうの、すごく好きです!

 

こだわりの自家焙煎コーヒーに200円プラスするとモーニングセットになります。

モーニングセットの他にも、バターケーキセット(670円)や、おすすめのレアチーズケーキセット(720円)などのメニューもあります。

 

赤穂市、かふぇ・ど・くら

 

お店に入った瞬間から、コーヒーの芳ばしい香りに包まれました。

入り口のすぐ左手に「焙煎室」という部屋があり、きちんとコーヒー豆を自家焙煎していることがわかります。

生のコーヒー豆を仕入れてきて、自分のお店で焙煎することを「自家焙煎」というのですが、焙煎済みの豆で入れるコーヒーよりも断然美味しいです!

コーヒー豆の種類や産地による特徴の違い、そして同じコーヒー豆でも焙煎の度合いによって、全然違った印象のコーヒーになるようです。

大量生産の焙煎済みコーヒー豆よりも、お店できちんと焙煎されたコーヒーを飲めるって、結構ポイント高いです!

 

赤穂市、かふぇ・ど・くら

 

お店の中ですが、天井が高くて落ち着いた”木”の空間が広がっていました。

テーブル席カウンター席があり、くつろいでコーヒーを楽しめるために、隣の席との距離感も絶妙の気配りができていてます。

店主さんや店員さんもクールで言葉数が少ないので、静かに本を読んだり、コーヒーを飲みながらもの思いにふけるには、申し分ないカフェだと思います。

 

赤穂市、かふぇ・ど・くら

 

まず「ツナサンドウィッチ」セットです。

ジューシーでボリューム満点!

 

コーヒーはストレートコーヒー8種類ブレンドコーヒー5種類、そしてバリエーションコーヒー7種類と種類が豊富で、僕はおすすめの「くらブレンド」をいただきました。

コクが深くて、酸味がやや少ない、僕好みの美味しいコーヒーでした ^ ^

 

赤穂市、かふぇ・ど・くら

 

こちらは「アーモンドトースト」セットです。

アーモンドトーストは兵庫県姫路市発症の”ご当地グルメ”ですが、赤穂市でも食べることができます。

アーモンドバターをたっぷりのせたパンを、こんがりとトーストするだけなのですが、外はカリっとしていて中はジューシーで・・・これが本当に美味しいんです!

 

自家焙煎のコーヒーツナサンドアーモンドトースト、それをくつろぎの空間で堪能することができたので・・・もう「羊カフェ・2号店」に認定するしかありません!

 

さて、羊さんをどこに放牧しようかな?

色々考えてみました。

 

赤穂市、かふぇ・ど・くら

 

入り口前にある看板の上。

うーん・・・看板から転落して、誰かに踏みつけられて粉々になりそうです。

却下!

 

赤穂市、かふぇ・ど・くら

 

前回の羊さんと同様、角砂糖っぽくスプーンの上に置いていくのはどうだろう?

衛生上よくないかな・・・?

これも却下!

 

テーブルの上もすごくスッキリしているので、店員さんにあっけなく見つかってしまいそうです。

一番恥ずかしいのが、代金を払っている時とかに羊さんが見つかってしまい「お客さん!忘れものですよ〜」って僕の手元にUターンしてくるパターンです。

なので、もう少し時間稼ぎができる場所にしなければなりません。

(テーブルの上がゴミゴミしていないのも、このカフェのいいところです♪)

 

赤穂市、かふぇ・ど・くら

 

結局ここに落ち着きました。

ちょっと考えれば、この場所がどこなのか察しがつくと思います・・・。

分別のある大人がすることじゃないかもしれませんが、どうしてもこの「かふぇ・ど・くら」を「羊カフェ・2号店」に認定したかったのです。

お許しください!

 

羊カフェ」の第2号店は、赤穂市かふぇ・ど・くら」に決定です。

おすすめの有名店なので、赤穂市を観光することがあれば、ぜひ立ち寄ってみてください ^ ^

 

それではまた!

 

赤穂市、かふぇ・ど・くら