相生市「鮮魚とれとれ市場」で超豪華な”大エビと穴子”のミックス天丼を食す!

相生市、鮮魚とれとれ市場

 

造船の町、兵庫県相生市にある「鮮魚とれとれ市場」でホントに超豪華な”大エビと穴子”のミックス天丼(↑)を食べてきました。

新鮮な魚介類を昼間っから”ガッツリ”食べたい方には超おすすめです♪

店内では、瀬戸内海の魚介類から遠洋の魚まで、豊富な種類の海産物も販売されています。

何か美味しいもの食べたいな〜って思っている方は、今すぐ相生市の「鮮魚とれとれ市場」まで足を運んでみてください!

 

スポンサーリンク

 

兵庫県相生市の「鮮魚とれとれ市場」へ行ってみた!

ある平日のランチタイムの話です。

すごい豪華な天丼を食べることができる!という評判で、以前から気になっていた相生市の「鮮魚とれとれ市場」まで足を運んでみました。

穏やかな相生湾を眺めながら、ドライブがてらの男一人ランチです。

水曜日が定休日なので、それ以外の平日を狙っていけば結構空いています。

 

相生市、鮮魚とれとれ市場

 

大きな看板が出ているので、すぐにわかりました。

駐車場は20台分も完備されているので安心です。

 

相生市、鮮魚とれとれ市場

 

今回は超豪華な天丼が目当てでやってきましたが、海鮮バーベキューもできるようです。

青空の下、新鮮な魚介類をその場で焼いて食べるために無料で使用できるバーベキューコンロが多数用意されています。

屋根がある場所もあるので、日差しが気になる女性でも安心して海鮮バーベキューを楽しむことができます。

もちろん手ぶらで行って、思いっきり食べるだけ食べて、そして手ぶらで帰る(お土産を買う人は別ですが)ことができるので、非常に楽チンですね ^ ^

 

 

お店の入り口には、こんな感じで大きな幕がかかっていました。

海鮮丼焼き穴子、そしてこれからシーズンを迎える相生かき・・・どれもこれも目移りしそうなものばかりですが、今回は「超豪華な天丼を食べに来たんだ!」と自分に言い聞かせながら、早速お店の中に入ってみました。

 

超豪華!大エビと穴子のミックス天丼を食す!

お店の中に入ると、まず最初に目に入ったのはすごい種類の海産物です。

豊富な種類もさることがながら、普通の魚屋さんでは手に入らないような珍しい海産物もたくさん並んでいました。

この海産物はまたあとで紹介するとして、まずは腹ごなしをするために券売機の方へ向かいました。

 

相生市、鮮魚とれとれ市場

 

海鮮丼・・・海鮮親子丼・・・ふむふむ・・・。

特上海鮮丼!・・・トロトロ丼!・・・美味そう!!

かきあげ丼・・・デカすぎ!!!

 

ここヤバいです。

全種類食べてみたくなりました(泣)

 

後ろに他のお客さんを一人待たせながら悩みに悩んだ末、大エビと穴子ミックス天丼」を選びました。

本当に苦渋の決断でした・・・。

もしかしたら、今回の記事は超豪華!特上海鮮丼を食す!になっていたかもしれません。

 

期待に胸を膨らませて、ワクワクしながらお茶をすすって待っていました。

そして平日だったので、注文してからわずか5分くらいで「ミックス天丼」は僕の元へ届いてくれたのでした。

その「ミックス天丼」のボリュームと迫力に・・・僕は圧倒されました!

 

相生市、鮮魚とれとれ市場

 

お店の人に一言だけ言わせて欲しい!

すみませ〜ん!あの〜、エビと穴子がはみ出しちゃっているんですけどぉ〜!!(笑)

 

相生市、鮮魚とれとれ市場

 

大エビの天ぷらが一本、穴子天が二本、そして大葉が一枚という構成です。

とにかく具材が大きすぎて、丼に収まっていません!

嬉しすぎます!!

 

相生市、鮮魚とれとれ市場

 

サクサクの大エビ天ですが、一口かじってみると中からプリっプリのエビが正体を現しました!

衣だけの”見かけ倒しエビ天”では決してありません。

 

相生市、鮮魚とれとれ市場

 

大エビ天と穴子天一本を食べて、結構お腹いっぱいになりました。

女性なら一人で食べきることができないくらいのボリュームです。

 

あさりのお味噌汁とお造りを食べて少し箸休めをしました。

 

そして一息ついた後で、残りの穴子とタレが絶妙に絡んだご飯にザックザクと箸を突き立てて、かけこむように一気に食してしまいました。

気がつけば、文句なしの完食です!!

 

この超豪華”大エビと穴子”のミックス天丼は、税込で1,300円です ^ ^

ごちそうさまでした〜♪

 

スポンサーリンク

 

ホントに豊富な海産物!そして今回のお土産は・・・?

満腹で腹ごしらえができたところで、店内で販売されている魚介類を見てまわることにしました。

瀬戸内海の魚介類だけでなく、遠洋で漁れる魚もたくさん仕入れているようです。

 

相生市、鮮魚とれとれ市場

 

まずは生簀(いけす)の中ですが、フグだけでなく、天然のクエも泳いでいました。

鯛ならまだしも、フグとかクエってどう調理すればいいのでしょうか?

誰が買っていくんだろ・・・(笑)

 

相生市、鮮魚とれとれ市場

 

お次はアンコウです。

鍋用に、お店の人がきちんと調理してくれるようです。

あん肝を溶いたダシで作るあんこう鍋は、本当に美味しくてお酒も進みます!

 

相生市、鮮魚とれとれ市場

 

他にもいろんな種類の魚が並んでいます。

近海の魚たちも、サーモンなんかに負けじ!という感じで存在感を示していました。

 

相生市、鮮魚とれとれ市場

 

こちらは車海老です。

一匹のサイズが非常に大きく、ピチピチと元気よく動いていて新鮮そのものでした。

 

相生市、鮮魚とれとれ市場

 

お隣にはヒラメカニもいます。

このヒラメですが、お造りにできるくらいのビッグサイズです!

 

相生市、鮮魚とれとれ市場

 

魚介類だけでなく、クジラ(哺乳類)や松茸(高級キノコ)も売ってありました。

ここまでくれば、なんでもありですね!(笑)

他にも名物の焼き穴子や、海の珍味系などなど、無いものが無いくらいの品揃えでした。

 

そんな中で、お土産に選んだものはこちらです!

 

相生市、鮮魚とれとれ市場

 

さらし鯨」と「鯨ベーコン」の二品に決まりました!

どちらも珍味で、なかなか普通のスーパーでは手に入れることができない逸品です。

 

その日の夜は、この二品を(本当に)チビチビとつまみながら、焼酎のお湯わりを何杯も美味しくいただきました ^ ^

せっかくの人生なので、美味しいものを食べて、好きなことをして、思いっきり楽しまなきゃ損ですよね♪

 

それではまた!

 

相生市、鮮魚とれとれ市場

 

鮮魚とれとれ市場

・住所:兵庫県相生市相生6丁目

・TEL:(0791)23-1501

・アクセス:車が必要です。

鮮魚とれとれ市場、アクセス

・営業時間:9:30〜16:00

・定休日:水曜日

・駐車場:あり(20台)