お医者さんが「ブログ」というものを一年間続けてみた結果をまとめてみます。

ブログ

 

昨年4月よりこのブログ『職業としてのDr.アキラッチョ』をスタートしてから早くも丸一年が経過しました。

今回はブログ一周年記念ということで、コンピューターに関してド素人の医師が「ブログ」というものを続けてみた結果、どうなったかということをまとめてみようと思います。

結論から言うと「ブログを始めて本当によかった!」と心から思っています ^ ^

日々のマンネリ化した生活に飽き飽きしている人や、何か新しいことにチャレンジしてみたい人は、ぜひブログを始めてみましょう!

 

スポンサーリンク

 

そもそもブログを始めたきっかけは?

僕がブログを始めたきっかけですが、脳出血や脳梗塞など取り返しのつかない病気になる前に、なんとかして予防することができないものか?という切実な気持ちから始まりました。

脳の病気や予防法などの知識はインターネットで調べればすぐに手に入れることができますが、内容が難解でわかりにくいものが多いです。

なので自分が少しでもわかりやすい記事を書いて、脳の病気のことを世界中の人に知ってもらおうと思い、病気の記事作成の仕事を副業で始めました。

 

医師、アキラッチョ

 

まず最初に、パソコン一台とインターネットの環境があれば、ライティングなどの仕事をすぐに始めることができるクラウドワークス(無料)に登録し、病気の記事作成を始めてみました。

僕が始めたライティングの仕事ですが、一つの記事(3,000文字以上、原稿用紙8枚くらい)で400円の報酬がいただけるというものでした。

お金の事は別にどうでもよかったのですが、専門家の僕が作成した記事が「普通の主婦」が書いた記事や、他のサイトをコピーするだけの記事を書く「フリーランス(もちろん一部の人です)」の記事と全く同じレベルの扱いであることに、徐々に嫌気が刺し始めたのです。

それなら脳の病気の専門家である僕自身が、正しい情報を誰よりもわかりやすく伝えるサイトを作ればいいじゃないか!という一心で、コンピューターに関してはド素人ではありましたが、頑張ってブログを立ち上げることにしたのです。

 

一年間を通じたブログの成績は?

せっかくブログを始めるのであれば、やはり収益化してみたい!という気持ちもあり、ワードプレスによるブログ運営を始めることにしました。

ブログを開設するためのサーバー(WPXサーバー)というものをレンタルして、自分だけのドメイン(お名前.com)を取得し、そしてワードプレス(無料)をインストールして・・・と、少し大変でしたが、ブログの本やワードプレスブログの立ち上げのサイトなどを参考にして、平成29年4月になんとかスタートすることができたのです。

 

ブログを開設した当初、一日に読まれる回数は10〜20回程度で、そのほとんどが身内による閲覧でした(笑)

3,000〜4,000字の記事を2日に1記事ずつ更新し、20記事くらい書いた段階でGoogle AdSenseに合格し、ブログ内に広告記事を貼ることができるようになり、多少なりとも収益が発生するようになりました。

ブログ開設月である平成29年4月の成績ですが、ブログの訪問者数は一ヶ月で272人、ブログが読まれた回数(表示回数:PV)は1,021PVという結果でした。

 

すぐに成果は出ませんでしたが、「頭痛」「脳出血」「脳梗塞」など身近な脳の病気の記事を淡々と書き続け、徐々にGoogle検索される順位も上昇してきました。

そして一年間ブログを続けてきた平成30年2月の成績ですが、訪問者数は51,892人でブログが読まれた回数は72,558PVと開設当初の70倍以上も読まれるようになり、予想を大きく上回って成長することができました ^ ^

 

ブログ

 

これだけの人に読んでもらえるようになり、本当に嬉しい思いです。

それと同時にすごく責任も感じるようになり、ますます気を引き締めてブログ記事を作成しなければ!という思いが強くなりました。

気になるブログの収益ですが、医師になってから続けているUnicefや、ラオスの子供達に学校を送る会にも十分寄付ができるくらいの広告収入をいただけるようになりました ^ ^

 

これからのブログの方向性について考えてみた

ブログ開設から一年が経ち、これからのブログの方向性について考えてみることにしました。

最初は「脳の病気」を日本一わかりやすく解説するブログにしようと意気込んでいたのですが、やり続けているうちに他にも色々な記事を書きたくなってきました。

旅行、グルメ、大好きな本、子育ての話・・・などなど「脳の病気」とは全く関係のない、多岐にわたる記事が相当増えてしまいました(笑)

それでもブログを読んでくれている僕の患者さんが長崎ランタンフェスティバルの記事を読んで「私達夫婦も旅行が趣味で、元気な頃あちこち旅し、長崎へも行きましたので、グラバー園・大浦天主堂・めがね橋などとてもなつかしく拝見しました」というお手紙を頂き、病気の話以外でも誰かの楽しみや励みになるんだと実感することができたのです。

 

僕の大好きなブログの一つ『Chikirinの日記』を書いているちきりんさんが、自身の書籍で次のように述べられています。

 

結局のところ私は、読者のためにブログを書いているのではなく、自分が楽しいと思えることを書いているだけなのです。そうでなければ、何十年も日記を書き続けることはできません。

引用:「Chikirinの日記」の育て方より

 

僕自身ブログを書くようになり色々なブログを読むようになったのですが、すごく面白いブログで毎回楽しみにしていたのに、いつの間にか更新が途絶えてしまったブログとかあります。

ブログの収益化が期待通りではなかったとか、記事の更新に疲れてしまったとか、理由は色々あるとは思うのですが、世の中にそのブログをすごく楽しみにしている人がいるのに、やめてしまうのは本当に残念です。

なので、僕自身も「病気の記事」ばかりに固執しすぎて息切れしないようにしなければなりません。

ちきりんさんの言われるように「自分が楽しいと思えること」もたくさん書いて、これからも「自分メディア」を育てていこうと思いました。

 

スポンサーリンク

 

ブログを書くために必要なもの

ブログ

 

ブログというものは、とても大きな可能性を持っています。

自分の考えや、みんなにとって有益な情報を発信できるだけでなく、誰でもリスクなく収益化(=お金を稼ぐ)することができます。

今すぐ収益化できなくても、将来何かアイデアが浮かんだ時に自分のブログの中で”仕事”をすることができます。

ブログを書くってことは「未来の自分ためのインフラ整備」と言っても過言ではありません。

コンピューターはド素人のアキラッチョでもここまで到達できたので、ちょっと勉強すれば誰にでもできると思います。

最後に、収益化(=お金を稼ぐ)するために最低限必要なものや、僕が実際に使ってオススメと思えるものをまとめてみます。

 

ライティングの練習

 まずはクラウドワークスに登録し、記事作成の練習をしてみましょう。「500字くらいの日記で50円の報酬!」みたいな依頼もあります(笑)

 無料で登録することができて、その日から仕事をすことができるので、最初からブログ開設というのに抵抗がある人にとっていいかもしれません。

 副業として数十万円くらい稼いでいる人もいるので「何か新しいことを始めてみたい!」と思っている人には絶対にオススメです ^ ^

 

✅ 収益化ブログを立ち上げるためのマニュアル本

 新しいことを始める時は、マニュアル本できちんと勉強した方が圧倒的に効率がよいです。そして自分のブログを収益化するためには、必ずワードプレスでブログを立ち上げる必要があります。

 僕も使ったブログ立ち上げのためのオススメの本は『完全ひとりビジネスを始めるための本』と『いちばんやさしいWordPressの教本』です。

 この2冊の本を読めば、誰にでも必ずできると思うので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

 

   

 

✅ パソコン

 ブログを書くのに絶対に欠かせないものがパソコンです。効率よくブログ作成作業をするために、自宅では大型モニターのiMacを使い、出先(職場やカフェなど)では薄くて軽いMacBook Airを使っています。

 iPhoneともどもすべて自動で同期してくれて本当に便利なので、もう二度とWindowsマシーンには戻れません!(マジで)

 

    

 

ちなみにワードプレスによるブログの運営費用は、レンタルサーバーとドメイン(お名前.com)の代金を含めて年間1万円もかかりません

これ、本当ですよ(笑)

 

4月より「ブログ2年生」になりますが、2年目は「アキラッチョの日記」を中心に、月・水・金の週3回更新でブログ運営を楽しんでいこうと考えています。

週休3日のスローライフを送っている医者が、どんなことを考え、どんな楽しいことをしているかを綴っていくつもりです。

これからもよろしくお願いします ^ ^

 

それではまた!

 

上山博康、脳梗塞、頚動脈狭窄、頚動脈内膜剥離術、CEA