「うんこ漢字ドリル」は小学生の勉強意欲を最大限に引き出してくれる必須アイテムだった!

うんこ漢字ドリル

 

小学生の漢字練習で、話題のベストセラーとなった「うんこ漢字ドリル」を買ってみました。

平日の書店巡りをしていて、たまたま見つけた「うんこ漢字ドリル」を手にとって中身を見たところ・・・これは絶対に子供の勉強意欲を引き出してくれる!と確信し、即座に購入しました。

今回は話題の「うんこ漢字ドリル」の体験記になります。

漢字が苦手なのに、全然勉強してくれなーい!という小学生のお子さんには必須アイテムだと思います ^ ^

 

スポンサーリンク

 

「うんこ漢字ドリル」は小学生の勉強意欲を最大限に引き出してくれる必須アイテムだった!

今回紹介する「うんこ漢字ドリル」は、すべての例文に”うんこ”という言葉が使われている、今までに例のない画期的な(?)漢字練習ドリルです。

小学1年生から6年生用まであり、発売からたった2ヶ月でシリーズ累計200万部を突破して超ベストセラーになりました。

 

うんこ漢字ドリル

 

こちらが実物ですが、すでに表紙から”うんこ”全開で、どこから見ても下品です(汗)

しかしこの”無邪気な下品さ”が、不思議と清々しさを感じさせてくれるようになってくるのは気のせいでしょうか?

この「うんこ漢字ドリル」を勉強嫌いなうちの子供たちに手渡してみると、今までに見せたことのないような笑顔ですぐにページを開き、早速勉強し始めてくれたのでした。

そして漢字の練習をしながら、何度も何度も大爆笑を繰り返していました。

その理由は、こちらの例文にあります。

 

うんこ漢字ドリル

 

例)かれは、「うんこ病」の特効薬を開発した医者だ。

 

・・・その医者って誰よ?(笑)そもそも「うんこ病」って?(笑)

 

例)耳のあなにつめたうんこが取れなくなり、入院した。

 

・・・なんで耳のあなにつめたの?(笑)それって入院必要か?(笑)

 

こんな感じで、どんどん漢字の勉強がはかどってしまいます。

漢字の勉強がしたくなるという訳ではなくて、際限なく”うんこ”のついた例文を読みたくなってしまうついでに、気がつけば漢字の勉強もできてしまうという仕組みです。

塾に通っている子供さん達には必要ないかもしれませんが、若干お下品で塾も行ってないようなうちの子供達(僕に似たのかな?)には必須アイテムだと感じています!

 

例文を読むだけ読んで漢字の練習をしないということを防ぐために、我が家では「次のページをめくってしまったら必ずそこは漢字練習する」というルールを決めています。

デメリットを一つ挙げるとするなら、学校で習う順番に漢字練習ができない点でしょうか。

例文を構成する上で仕方なかったのかもしれませんが、子供達は「この漢字習っていない」と言いながらもどんどん新しい漢字の練習をしてくれるので、これはこれでいいんじゃないのかなと思います。

書店で販売されているものと同じ価格でAmazonでも購入できます ^ ^

 

   

 

漢字が苦手で勉強嫌いの小学生には「うんこ漢字ドリル」をぜひ試してみましょう!

「テスト編」もあるので、合わせて勉強するとさらに学習効果は高まると思います。

やっぱり勉強は楽しみながらやるもんだと思いますよ ^ ^

 

それではまた!

 

テスト、勉強