🆕✨【不良牧師】アーサー・ホーランドの言葉!「Are You Ready(覚悟)」

不良牧師アーサーホーランド

 

アーサー・ホーランド牧師に出会い、そしてその生き方に感銘を受け、もっとアーサー・ホーランドから学びたい・・・

そんな一心から、不良牧師の写真集『WALK ACROSS』を購入しました。

 

←超カッコいいよ!

 

重さ40kgの十字架を背負い、日本だけでなくアメリカ合衆国や韓国を歩いて旅をする姿が、めちゃくちゃカッコイイです!

そして写真だけでなく、アーサー・ホーランド牧師の”魂の言葉”も書き綴られています。

前回の記事で書いたのですが、自分の中でマグマのように眠っている「与えることができるもの」を、火山の噴火のように出し続けていくことこそが、冒険に満ちた楽しい生き方であると、アーサー・ホーランド牧師が言われていました。

なので、この写真集の一つ一つの言葉を受け、自分なりに感じたことや今までに経験してきたことを、このブログを通じて発信し続けてみよう。

冒険に満ちた楽しい生き方をしたいアキラッチョは、そう思いました ^ ^

 

スポンサーリンク

 

***************

 

「Are You Ready(覚悟)」

 覚悟がなければなにも出来ない

 覚悟ある者は

 勇気をもって逆境に挑む

アーサー・ホーランド『WALK ACROSS』より

 

一発目は「Are You Ready(覚悟)」です。

僕の半生を振り返って見て、一番「覚悟」を決めた瞬間は、やはり医学部の再受験を決めた時だと思います。

高校生の時に薬剤師になろうと思い、一年浪人してなんとか薬学部に合格できたのですが、大学生生活を送っていてフツフツと湧いてきた気持ちがありました。

 

試験管や薬相手ではなく、人間(=患者さん)相手の仕事をしたい・・・

 

思い立った僕は、将来が約束されている薬学部を飛び出して、医学部を再受験すると決めました。

親に反対され、薬学部の友達に心配され、その時僕は一人ぼっちになりました。

でも、本当にやりたい仕事があるのに、自分の心をだましながらの人生を送ることなんて耐えられないという気持ちでいっぱいでした。

「覚悟」を決め、「勇気」をもって逆境に挑んだ瞬間でした。

 

今の僕は、あの時の「覚悟」の瞬間に思い描いた通りの仕事をすることができています。

毎日のように患者さんと直接会って、話を聞き、そして治療をするという医師としての仕事です。

(週休3日ですが・・・)

あの時「覚悟」を決めていなければ、心に引っかかったものを抱えたまま、何十年も人生を過ごさなければならなかったと思うと、正直ゾッとします。

 

人生がすべて自分の思い通りになるわけではありません。

しかし、ここぞという人生の分岐点では、じっくり考えて諦めるよりも、思い切って覚悟し、そして行動する方がいいと思います。

医学部の再受験だけではなく、大学院をやめて町病院に飛び出す時や、日本一の手術を学ぶために思い切って北海道に引っ越ししたことなど、僕にとって人生の分岐点では常に「覚悟」を決めて行動に移してきました。

そして、子供の頃に淡く夢描いていた、理想の”今の僕”があります。

 

「Are You Ready」

これからも、この気持ちを忘れないように、人生チャレンジしていきたいですね ^ ^

 

それではまた!

 

がん、医者