【不良牧師】アーサー・ホーランドの言葉!「Kindness(優しさ)」

「Kindness(優しさ)」

 人を憂う思いが

 優しさの花を咲かせる

アーサー・ホーランド『WALK ACROSS』より

 

北海道のゴッドハンドの下で、手術の修行をしていた時の話です。

日本中から集まってくる治療困難な脳疾患の患者さんだけでなく、どんな救急患者さんもすべて受けいれて、夜間休日関係なしで手術をし続ける毎日を送っていました。

24時間365日、まさにその”字面”の通り働いていました。

 

深夜から翌日の未明に帰宅し、数時間寝て早朝出勤という生活だったので、息子たち(4歳と2歳)に会うのは朝食の時だけという生活でした。

そんな忙しい父親の姿を見ていて、子供なりに思うことはたくさんあったのかもしれません。

今回は北海道時代の自分の日記の中から、子供の「優しさKindness)」をしみじみと感じたときの話を紹介しようと思います。

 

スポンサーリンク

***************

 

 お兄ちゃん(4歳)

今朝出勤するときに、玄関まで僕を追いかけてきて、ポケットに隠し持っていたアメを僕の方へ差し出した。

何を言うかと思いきや、「父ちゃん、しんどい時はアメ舐めたらええんや。これあげるわ」と。

当直や手術で疲れきっていたのは事実であるが、そんなにしんどそうに見えるかなと、少し反省。

しかし、久しぶりに元気が出た朝だった。

 

 

 お兄ちゃん(4歳)

連日連夜の緊急手術。

家を出る前に息子(お兄ちゃん)が僕を玄関まで追いかけてきて、子供用の水筒を僕の首にかけてくれた。

そして「喉乾いた時にはお茶飲むんやで」と言って僕を送り出してくれた。

中身は・・・空っぽだったけど(笑)

 

 

 お兄ちゃん(4歳)

夜中に帰ってきて、朝早く起きることができなかった時の話。

午前6時くらいに息子(お兄ちゃん)が僕の横に寝転がってきたのには気がついていたが、睡眠不足で起きることができなかった。

どれくらい眠ったのかわからなかったが、もう一度目覚めた時、息子が僕の方を向いて笑顔で寝転がっているのに気がついた。そして開口一番。

「ロボット作って、父ちゃん」

作りかけのプラモデルを一緒に作って欲しかったので、僕が起きるのをずっと横で待ってたみたいである。

時刻は午前7時30分。

僕が疲れて寝ていたのをわかっていたのか、起こさずに1時間以上ずっと待っていてくれたみたいである。

 

 

 お兄ちゃん(4歳)

出張先の北見市へ出発する朝、息子(お兄ちゃん)から僕の靴下を渡された。

受け取ってみると、ほんのり温かかった。

靴下が冷たかったから、自分のお腹で温めていたと言って、いつも通りニコニコ笑っていた。

 

 

 弟(2歳)

緊急手術が入り、朝何も食べずに出かけようとしていたら、息子(弟)がナイロン袋にパンをいっぱいに詰め込んで、黙って僕に渡してきた。

 

 

 お兄ちゃん(4歳)

今朝出勤するときに「父ちゃんと一緒に暮らしたい。」と言われた。

 

 

スポンサーリンク

***************

 

北海道時代の日記を読み返してみて、当時4歳と2歳だった自分の息子たちの「優しさ(Kindness)」をしみじみと感じることができます。

脳神経外科医としては大きく成長することができましたが、父親としては全然失格だったかもしれません・・・。

家庭のことを顧みず、10年以上脳神経外科医として走り続けてきましたが、これからはよき父親であり、よき夫になれるように努力しなきゃダメですね ^ ^

 

「人を憂う思いが 優しさの花を咲かせる」

まずは自分のことを憂い、自分に優しくなることが必要なのかもしれません。

みなさんも働きすぎて、大切なものを失わないようにご注意くださいね♪

 

それではまた!

 

家族

 

アキラッチョおすすめの転職サイト

✅ 医師

 医師人生で後悔しない!医師転職ならエムスリーキャリア

✅ 看護師

 看護師の転職ならジョブデポ看護師【最大40万円のお祝い金】

✅ 薬剤師

 薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」

✅ PT/OT/ST

 PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】