ポルシェカイエンの維持費ってどれくらいかかるの?車検にかかった費用を公開します!

ポルシェカイエン維持費

 

突然ですが、僕の愛車は2010年モデルの「ポルシェ・カイエン」です。

購入した当時のカイエンは、軽量化に成功して燃費性能がかなり向上したという車だったのですが、その燃費はたったの7.4〜11.0km/Lということで、とてもじゃないけどプリウスの足元にも及ばないレベルでした。

今回は、このポルシェ・カイエンを所持するとどれくらいの維持費がかかるのか?という疑問に答えてみようと思います。(僕も購入前はかなり気になっていたので・・・)

これからポルシェ・カイエンを購入しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください ^ ^

 

スポンサーリンク

ポルシェカイエンの維持費ってどれくらいかかるの?車検にかかった費用を公開します!

ポルシェカイエンを所有してから今年でちょうど7年目になりますが、まずは今回の車検の”納品請求書”を見ていただきましょう。

 

ポルシェカイエン車検維持費

 

特に追加で修理が必要なものはなく、ごく一般的なポルシェカイエンにかかる車検費用と考えてください。

244,190円という大金が、週休3日のスローライフドクターの生活費をリアルに圧迫してきます(笑)

また車検のない年はディーラーで定期点検を受けるのですが、そちらの費用も決して軽視できない金額になります。

 

ポルシェカイエン維持費定期点検

 

しら〜っと79,407円です。(チャリーン!)

エンジンオイルの交換や点検くらいなら近所のガソリンスタンドにお願いすればいいやん!って思われる方も多いかもしれませんが、過去にお願いしようとした時に「ポルシェという車は正直よくわからないです・・・」と言われたベテランの整備士さんもいました。

病院で例えるなら”脳の病気”を診てもらうのに”泌尿器科”を受診するといった感じでしょうか。

ポルシェで安全かつ快適に走るためにも、やはり正規ディーラーさんに頼らざるを得ないのかなあと思います。

 

スポンサーリンク

***************

 

まあでも”外車”だからそれくらいかかるだろう・・・って覚悟はしていましたが「想定をはるかに超えること」というものは人生につきものです。

その悲劇(?)は2年前の車検の時に起こりました。

車を加速する時に”変な音”がし始めたので、そのことを車を預ける時にお伝えしたところ、トランスファーボックスというものの異常が見つかり、新しいものに交換しなければならないということになりました。

なんだか高くつきそうだな・・・と不安になりましたが、さらに追い討ちをかけるようにタイヤ交換もしなければならないことが判明しました。

その時の車検の、記念すべき納品請求書を紹介しようと思います ^ ^

 

ポルシェカイエン維持費車検

 

ざっと、合計:664,227円です(泣)

ちょっとした軽四の中古車が買えちゃいますよね・・・。

実はトランスファーボックスの交換があまりにも高額になるため、ポルシェさんが費用の8割を負担してくれたのですが、それでもこの金額です。

しかもタイヤ4本で264,816円って、アキラッチョの大学病院での初任給の2倍(当時)ですよ!

ここまできたら、もう笑うしかありません ^ ^

 

***************

 

というわけで、ポルシェをはじめとする燃費の超悪い”外車”は「お金が余って余って仕方ない人」とか「会社の経費で落とせる自営業の人」とか「車のためなら三食ガマンできる人」しか乗ってはダメだってことに最近気がつきました。

以前の記事でも紹介したのですが、実は我が家の他の車が立て続けに廃車になってしまったので、3年落ちの中古のレクサスCTを購入しました。

今勤めている病院から自宅までの帰り道ですが、海岸沿いの曲がりくねった道路をくねくねと走り、鹿や猿が出る峠を越えるなどして45分くらい運転するのですが、レクサスCTの平均燃費は驚きの33.7km/Lでした。

 

レクサスCT燃費

 

走っても走ってもガソリンが減りません(笑)

さすが、中身はプリウスですね。

というわけで、これからは車も人生も自分の「エゴ」を捨て、地球と自分に優しく「エコ」に生きていこうと思います ^ ^

(だったらプリウス買えよ!って言われそう・・・)

 

それではまた!

 

地球温暖化、エコ

 

※ちなみに廃車したい車があれば全国対応【廃車本舗】で査定してもらうのが一番お得かと思います。(参考までに ^ ^)