子どもたちはいかに生き、死んでいったのか・・・『海に沈んだ対馬丸』早乙女愛

海に沈んだ対馬丸―子どもたちの沖縄戦 (岩波ジュニア新書)
早乙女 愛
岩波書店
売り上げランキング: 516,482

 

1944年8月、那覇から九州に向かった学童疎開船・対馬丸は米潜水艦の攻撃を受け沈没、1400名を超える犠牲者を出した。

対馬丸に乗った子どもたちはいかに生き、死んでいったのか。

過酷な漂流生活を体験した生存者の証言や残された記録をたどり、当時の子どもたちが対峙した戦争とは何だったのかを問う。

 

以前の記事で紹介した『綾瀬はるか 「戦争」を聞く (岩波ジュニア新書) 』の中に、「対馬丸」という沖縄の学童疎開船の話が書かれてあったので、もっと詳しく知ろうと思いこの本を手にとってみました。

そして読み進めていくうちに、数少ない生存者の方々の生々しい体験談に圧倒されました・・・。

アメリカの潜水艦・ボウフィン号から魚雷攻撃を受けて、海の底へ沈んでゆく対馬丸からゴボゴボと音を立てて上がってくる空気の塊を「船倉の中に閉じ込められた子どもたちの息」と表現されていたり、船と一緒に沈んだ人々の死体が救命胴衣によってどんどん浮かび上がってくる話など、リアルな体験談に恐怖を覚えます。

何でこんなバカな戦争を始めてしまったのだろうか?

戦争関連の本を読んでいて、いつもこの思いに駆られます。

 

九死に一生を得た対馬丸の生存者ですが、その後も終戦までひどい目にあったようです。

もう二度とこのような戦争を起こさせないためにも「戦争反対!」と大きな声を上げているのかと思いましたが、次のように静かに語られていたのが一番印象に残りました。

 

平和は家庭からだと思う。親がいるから自分は生まれた。祖父母がいるから、父、母もいる。平和は家庭から集落へ、学校集団へ、県へ、国へ向かうものだと思う。生命のつながりを大事にする考えが、他の人を大事に思い、平和につながると思うのです。

 

ひどい戦争を経験された方の、本当に説得力のある言葉だと思いました。

「戦争反対」は当たり前なのですが、まずは自分の家庭を大事にすることから始めなければなりませんね ^ ^

 

医師、アキラッチョ

それではまた!

 

スポンサーリンク