世界にはいろんな生き方があふれてる—『旅に出よう』近藤雄生 ★★☆

 

もっと自分らしく自由に生きてみたい!

生きかたにはいろいろあっていいはずだと海外に旅立った著者は、5年以上におよぶ旅で何を感じたのか?

夢を追い続ける人、自分の道を切り開こうとする人、どうにもならない大きな力によって人生を動かされている人…、各地で出会った様々な人の姿を通して、自分らしく生きるための道を探る。

 

(ほぼ)バックパッカーの夫婦二人が、5年以上かけて世界中を旅する壮大な旅行記です。

はっきり言って、めちゃくちゃワイルドな旅です(笑)

旅費を稼ぐために現地で仕事をしたり、初対面の人の家に何日も宿泊させてもらったり、荷物を全部盗まれたり、銃を突きつけられたり・・・。

様々な国の文化の多様性や価値観、生き方など、旅を通じて学ぶべきことは多いんだぞ!というのがこの本の”本来の主旨”だと思いますが、読み物としても純粋に面白かったです。

「事実は小説よりも奇なり」って本当にその通りですね〜 ^ ^

海外旅行をしたことがないけど、ちょっとでも海外旅行に興味のある方には絶対にオススメの一冊です。

旅は「最高の学びの場」でもあるので、子供の受験が落ち着いたら我が家も夫婦二人でバックパッカー的な海外旅行へ出かけようかな〜って思いました ^ ^

(多分、反対されると思いますが…w)

 

医師、アキラッチョ

それではまた!

 

スポンサーリンク