恐怖・戦慄・大どんでん返し!!—『悪魔の紋章』江戸川乱歩 ★★★

悪魔の紋章 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)
江戸川 乱歩
東京創元社
売り上げランキング: 186,019

 

法医学の権威 宗像隆一郎博士が探偵事務所を開設して数年。難事件を次々に解決して英名天下にあまねく轟き、かの明智小五郎に比肩するばかりであった。

ある日のこと、博士の助手 木島が予告殺人に関する手掛かりをもたらし、彼自身も毒を盛られて死ぬ。予告された犠牲者は川手庄太郎、妙子、雪子の父娘。

木島が携えた証拠品とは、三つの渦巻きが相擁する世にも稀なる指紋であった。

 

久しぶりに江戸川乱歩の作品を読みました。

今まで読んだことのない作品を読もうと思い、Kindleストアでこの『悪魔の紋章』を(テキト〜に)選んでみたのですが・・・「恐怖!」「戦慄!」「大どんでん返し!」という言葉がぴったりの”すごいミステリー作品”でした。

率直に「江戸川乱歩って、マジ天才や・・・」と思います。

1937年に発表されたかなり古い作品ですが、凄惨な事件の描写が非常にリアルでグロく、ヒシヒシと迫ってくる殺人犯の恐怖が自分のことのように伝わってきます。

そして最後にブチかまされる「大どんでん返し」が一番ヤバイです!

 

もう一度言っておきます。

江戸川乱歩って、マジで天才です(笑)

ネタバレになってしまうのでこれ以上は書きませんが、ミステリー好きだけど江戸川乱歩を読んだことがない人は、この『悪魔の紋章』をぜひ読んでみてください ^ ^

ちなみにKindleがあれば【無料】で読むことができます。

(僕は無料で読んでいます ^ ^)

読書好きな人にとって、Kindleは本当にお得だと思うので合わせてどうぞ!

 

【Kindleなら無料!】

悪魔の紋章
悪魔の紋章
posted with amazlet at 19.04.02
(2017-04-24)

  

【アキラッチョが使ってるKindle】

  

医師、アキラッチョ

それではまた!

 

スポンサーリンク