誰にでもできる!世界最強の記憶術「場所法」

場所法

 

iPhoneのPodcast【無料】を毎日のようにフル活用しているアキラッチョです。

いくつかあるお気に入りの番組の中で、今一番はまっているのが「未来授業」です。

どんな番組なのかと言うと、番組HPで以下のように紹介されています。

 

「未来授業」は日本や世界を舞台に第一線で活躍し、時代の礎を築いている「知の先達」による公開授業です。彼らがこれまで培ってきた豊かな知見に基づき、専門領域に即した具体的なテーマのもと、大学生との対話型討論を通じて、「知的エンターテイメント」としての場を提供します。

引用:「未来授業」HPより

 

今回は、最近聞いた放送の中でも特に感銘を受けた「世界最強の記憶術」について紹介しようと思います。

これはメモリースポーツ日本チャンピオン(そんなスポーツがあること自体知りませんでしたが・・・)の平田直也さんが教える、世界最強の記憶術「場所法」というものなのですが、本当に誰にでも簡単にできてしまうので驚きです!

「場所」に関する記憶というものは人間の生存本能に関わるものであるため、そのことを利用して記憶に繋げるという方法なのだそうです。

何はともあれ、実際に世界最強の記憶術「場所法」を試してみたので紹介していきましょう。

 

***************

 

こちらのメモは、ある日のアキラッチョ家の買い物リストなのですが、11個の品物がランダムに書き並べられています。

 

 

このメモにかかれてある11個の品物を、無理なく!楽しく!超簡単!に覚えてしまうことができるのが「場所法」という記憶術なのです。

やり方をわかりやすく説明するために、まずは以下の○をつけた5品目を覚えるところから始めてみようと思います。

 

 

 

STEP 0 「場所を設定する」

まずは準備としてSTEP 0「場所を設定する」ことから始めます。

自分のよく知っている身近な場所と言えば、やはり自分の家になります。

 

ある日、仕事から帰ったアキラッチョは、家に到着するとまず玄関の扉を開けて家に入ります。

そのまま廊下を通って洗面所に行き、洗面台のところで手を洗います。

ちょっと疲れたのでソファーで休憩しましたが、その日は仕事が忙しくてクタクタだったので、寝室のベッドで早めに眠ることにした・・・とします。

このいつもの帰宅後の流れに沿って、今回であれば5ヶ所の場所を設定することが準備段階になるのです。

僕は次のように場所を設定しました。

 

【設定した場所】

玄関の扉

廊下

洗面台

ソファー

寝室のベッド

 

これで準備段階のSTEP 0は終了になります ^ ^

 

 

STEP 1「設定した場所にモノを置いていく」

次はSTEP1「設定した場所にモノを置いていく」です。

先ほどのSTEP 0で設定した場所に、覚えたいモノを一つずつ置いていきましょう。

 

【場所にモノを置いていく】

① 玄関の扉・・・「ごぼう

② 廊下・・・「トマト

③ 洗面台・・・「納豆

④ ソファー・・・「ミートボール

⑤ 寝室のベッド・・・「アイスクリーム

 

この際、普通にモノを置くのではなくて、めちゃくちゃインパクトに残るようにしてモノを置くことがポイントになります。

例えば僕は次のような感じでインパクトに残るような置き方をしてみました。

 

【インパクトに残るモノの置き方】 

① 玄関の扉・・・「ごぼう」でできた取っ手

② 廊下・・・「トマト」の顔をしたおじさん

③ 洗面台・・・「納豆」が出てくる蛇口

④ ソファー・・・「ミートボール」がソファーに座っている

⑤ 寝室のベッド・・・布団をはぐると「アイスクリーム」が落ちていた

 

巨大化させたり、あり得ないような変化を加えたりして、とにかくインパクトに残るようにした覚えたい「モノ」を、設定した「場所」に置いていくことがSTEP 1のポイントになります。

 

 

STEP 2「場所を順番にたどっていく」

最後はSTEP 2「場所を順番にたどっていく」です。

STEP 0で設定した場所を、帰宅した時のように順番にたどっていってみましょう。

 

ある日、仕事から帰ってきたアキラッチョは玄関の扉を開こうとしましたが・・・

なんと!扉の取っ手が「ごぼう」になっているではありませんか!(笑)

そして家の中に入り、廊下を通って洗面所に向かいましたが、その廊下には大きな「トマト」の顔をした見たこともないおじさんが立っていて、「お疲れ様で〜す♪」と声をかけてきました(怖)

怖くなったので急いで洗面所に入り、手を洗うために蛇口をひねったところ、水が出てくるのではなく「納豆」が勢いよく出てきたので手を洗うことができませんでした(汚)

悪夢を見ていると・・・思い、疲れたのでソファーで横になろうとしましたが、そこには巨大な「ミートボール」が横になってテレビを観ながら笑っていたのです(奇)

仕事に疲れすぎて、頭がおかしくなってきているのではないかと思い、その日は早めにベッドで寝ようと思いました。

寝室に行き、ベッドの布団をはぐってみたところ、ベタベタに溶けた大量の「アイスクリーム」が落ちていて、ベッドで眠ることができませんでした・・・(疲)

 

と、こんな感じになります ^ ^

自分のよく知っている「場所」を使うことで、買い物リストの「ごぼう」「トマト」「納豆」「ミートボール」「アイスクリーム」を簡単に覚えることができてしまいます。

本当にすごいですよね!(笑)

これを応用すれば、アキラッチョ家の買い物リストに書いてある11品目全てを覚えることができてしまいます。

 

 

上のように5つのグループに分けて、それぞれをSTEP 0で設定した場所に置いていきます。

 

【場所に2〜3個ずつモノを置く】

① 玄関の扉・・・「ごぼう」「あげ

② 廊下・・・「トマト」「さとう

③ 洗面台・・・「納豆」「

④ ソファー・・・「ミートボール」「もも肉

⑤ 寝室のベッド・・・「アイスクリーム」「ポテチ」「ギョーザの皮

 

そして、それぞれのモノをインパクトが残るような形に変えてみましょう。

 

【モノにインパクトを加える】

① 玄関の扉・・・

あげ」でできた扉と「ごぼう」でできた取っ手

② 廊下・・・

「トマト」の顔をした「さとう」という名札をつけているおじさん

③ 洗面台・・・

「納豆」と「」が出てくる蛇口

④ ソファー・・・

「ミートボール」と「もも肉」がソファーで談笑している

⑤ 寝室のベッド・・・

ギョーザの皮」でできた布団をはぐると、「アイスクリーム」と「ポテチ」が散らばっていた

 

この「場所」を玄関から順番にたどっていくことで、覚えたい11品目を全て思い出すことができます。

インパクトが強すぎて、忘れられなくなってしまいましたが・・・(笑)

 

世界最強の記憶術!

世界最強記憶術 場所法
世界最強記憶術 場所法

posted with amazlet at 19.06.15
平田 直也
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2019-02-28)
売り上げランキング: 7,449

 

こちらはメモリースポーツ日本チャンピオンの平田直也さんが書いた著書『世界最強記憶術 場所法』ですが、今回紹介した「場所法」だけでなく、他にもいろいろな記憶術について書かれています。

記憶術は日常生活の中だけでなく職場や飲み会、学校の試験などなど様々なシーンで活用することできるので、記憶の達人になりたいという人はぜひ読んでみてください ^ ^

記憶を鍛えることは認知症の予防効果もあるので、アキラッチョも早速はじめてみようと思います。

 

医師、アキラッチョ

それではまた!

 

スポンサーリンク