軽かった症状がどんどん悪くなる!BADタイプの脳梗塞とは?

脳梗塞、BAD

 

脳梗塞は発症から4.5時間以内であれば「t-PAによる血栓溶解療法」を行うことができます。

またカテーテル手術による「血栓回収治療」は発症から8時間まで行うことが可能です。

その他にも、抗血栓薬の「点滴治療」や「内服治療」など、脳梗塞を治療するための手段は様々なものがあります。

 

しかしこれらの治療法を駆使しても、どんどん症状が進行してしまうタイプの脳梗塞があります。

それは「BAD」と呼ばれるタイプの脳梗塞で、その名前の通りbad”(=悪い)な経過をたどることになります。

今回はこの治療抵抗性の脳梗塞である「BAD」について、詳しく解説していきます。

 

スポンサーリンク

 

BADタイプの脳梗塞とは?

BAD」とは「Branch – atheromatous – disease」の略になります。

この”branch”とは””を意味しますが、「穿通枝(せんつうし)」と呼ばれる非常に細い脳の血管が、動脈硬化によって根元からつまってしまうのがBADタイプの脳梗塞になります。

 

根元のところでつまってしまうので、その穿通枝の走行に沿って”長い脳梗塞”を起こします。

まず根元のところが最初に血栓でつまり、そこから徐々に血栓化が進んでいくため、脳梗塞が時間の経過とともに大きく(長く)なってきます。

脳梗塞が大きくなるのに伴って、手足の麻痺などの神経症状が悪化してくるのです。

 

BADの特徴

BADの一番の特徴は「治療抵抗性」になります。

病院に入院して、強力な点滴治療や薬の治療をいくら行っても、日に日に症状が悪化してくることが多いです。

治療がほとんど効かないので、「悪性脳梗塞」とも呼ばれています。

また脳梗塞の診断にはMRI検査で行うのですが、以下に挙げる特徴的な画像所見があります。

 

・何スライスにもわたって、脳梗塞を起こしている

・日に日に脳梗塞が大きく(長く)なる

・MRA検査で、穿通枝を出している大元の血管が50%以上狭窄している

 

これらの画像的な特徴があり、また治療しても症状がどんどん悪化するような脳梗塞は、まずBADで間違いないでしょう。

 

またBADを起こす脳の場所ですが、「内包(ないほう)」や「放線冠(ほうせんかん)」といった脳の深いところや、「(きょう)」と呼ばれる脳幹部分に起こります。

いずれも非常に小さな領域に、大切な神経がギューっと集まっているところになりますが、BADはこれらの重要な場所に起こってしまうのです。

 

CT、MRI、脳出血、脳梗塞

 

BADの治療法

悪性脳梗塞のBADですが、治療抵抗性ということもあって、これだ!という特別な薬がないのが現状です。

かといって我々脳神経外科医が指をくわえて、症状が悪化するのを眺めているわけではありません。

僕は脳神経外科医として、今まで何十人ものBAD患者さんの治療を行ってきましたが、とにかく急性期(脳梗塞を発症したばかりの時期)は、副作用の出血のリスクを覚悟の上で、強力な薬の治療を組み合わせて行うことが、BADによる症状の悪化を一番抑制できたという経験があります。

以下にその薬の組み合わせを紹介します。

 

【点滴治療】

エダラボン(7〜14日間)

アルガトロバン(7日間)

低分子デキストランウロキナーゼ(3日間)

 ※ 症状が悪化するようであれば、ヘパリンを追加

 

【内服治療】

アスピリンシロスタゾール

 ※ 病状が落ち着けば、どちらか一方の薬のみに変更

スタチン

 

これだけの「血液をサラサラにする薬」の治療を初日から一気に始めます

もちろん、これだけの薬を同時に使うと、治療に伴う副作用としての「出血」のリスクが非常に高くなりますが、これらの濃厚な治療を行うことで、病状の進行を抑制することができます。

ちなみに標準的な治療を行うだけでは、2〜3日で手足の麻痺などの症状が完成してしまい、二度と元に戻らなくなってしまいます。

 

僕はこれまで合計6つの病院で勤務してきましたが、同じBADという病気でも病院によって治療方針が全く異なりました。

色々な病院で経験し学んだことを、次の病院で生かしていくことで僕たち医師は成長し、患者さんによりよい治療を提供することができるようになります。

 

患者さんの命に関わることなので、一か八かという治療ではもちろんダメですが、自分の経験し学んできたことは、リスクの高い治療に「究極のさじ加減」を加えることができるようになります。

どんな仕事でも言えることですが、成功体験だけでなく、失敗した経験、ツライ経験が全て自分の糧になって、より優れた仕事ができるようになるのです ^ ^

 

スポンサーリンク

 

BADを予防するために気をつけてほしい「3つの病気」

最も危険な脳梗塞「BAD」ですが、できることならBADになる前に予防したいものです。

BADとその他の脳梗塞(ラクナ梗塞、アテローム血栓性梗塞)を比べた時に、BADの患者さんに多かった3つの病気があります。

 

高血圧

糖尿病

脂質異常症

 

この3つの病気は、最も代表的な生活習慣病です。

高血圧」「糖尿病」「脂質異常症」は、普通の脳梗塞の危険因子でもありますが、BADの患者さんでは特に頻度が高いことがわかっています。

あとは高齢」であることもBADの危険因子になりますが、さすがに「老い」を予防することはできません。

 

ちなみに脳梗塞の中で最も軽症の「ラクナ梗塞」では、ほとんど後遺症なく生活できる患者さんは56.1%になりますが、このBADでは28.7%とかなり悪くなることがわかっています。

 

悪性脳梗塞と呼ばれているBADにならないためにも、日頃からの生活習慣には十分注意する必要がありますね ^ ^

アキラッチョは、みなさんの健康をいつもお祈りしています。

 

それではまた!

 

脳梗塞、脳出血、脳卒中