究極の「働き方改革」について

働き方改革

 

2018年6月29日に「働き方改革」法案が成立し、この4月から適応開始されます。

具体的にどんな制度なのか、エッセンスをまとめてみましょう。

 

【働き方改革】

残業時間の罰則付き上限規制の導入

残業の上限が原則「月45時間」で、これ以上働かせる企業には罰金を課す。

高度プロフェッショナル制度の導入

年収1075万円以上の一部専門職の人は、労働時間規制の対象から完全に外す。(おいおい・・・)

年次有給休暇、企業に取らせる義務

企業に対し、有給休暇を最低年5日以上を消化させる義務を課す。

勤務間インターバル制、努力義務化

仕事と仕事の間の休息時間が確保できる制度の導入(努力義務)

 

一見素晴らしい法案のように見えますが、医療の現場ではどうでしょうか?

僕が今までに勤めてきた病院では、残業時間を闇に葬られるような病院なんて普通にありましたし、有給休暇に関しては「有給」の「ゆ」の字すら発することが許されないような病院ばかりでした。

勤務時間のインターバルに関しても、くだらない委員会や研修会への強制参加によって、貴重な休日をことごとく潰されてきた医療スタッフの寂しそうな姿を、いつも見てきました。

「患者さんの命を第一に考えなければならない」という大義名分は大切なのですが、それを全面に振りかざして、医療職の人たちを奴隷のように働かせる病院経営者側の思考停止っぷりには本当に呆れる思いです・・・。

(自分たちもやってきたんだから、お前らもやって当たり前なんだ!みたいな・・・)

 

というわけで、僕は3年前に自ら「働き方改革」を行いました。

その結果、どうなったかを報告します ^ ^

 

 

現場からは以上です ^ ^

究極の働き方改革は、ズバリ「転職」ですね!

人生何が起こるか本当にわかりません。

いつでも転職できるように、準備だけはしておきましょう!

僕も登録していたので、本当に助かりました・・・

 

【医療人のおすすめ転職サイト】

✅ 医師

医師人生で後悔しない!医師転職ならエムスリーキャリア

✅ 看護師

看護師の転職ならジョブデポ看護師【最大40万円のお祝い金】

✅ 薬剤師

薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」

✅ PT/OT/ST

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

 

医師、アキラッチョ

それではまた!

 

スポンサーリンク